券作成・価格表

夢工房
金券印刷(千円札サイズ同)
金券価格表(大)金券印刷
金券作成(小)105×55ミリ
金券価格表(小)金券印刷
名刺サイズ割引券作成〜印刷 割引券価格表(カラー)割引券印刷 割引券価格表(黒)割引券印刷 スタンプ券作成
・名刺サイズ/カードサイズ
スタンプ券価格表(S) ・2ツ折り横型/縦型 スタンプ券価格表(W)

夢工房 ご利用方法

夢工房のご案内

夢工房 HOME お問合せ先 puraibashi- 特定取引法の表記

夢工房の営業日月〜土 9〜21時

Profile

Categories

Calender

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< October 2018 >>

Archives

w closet×JUGEM

活用例

飲食店はお食事券がオススメ!

飲食店の販促促進には、金券のお食事券がオススメです。
たまに行くお店が配っている金券は、50円券です。
このお店は、お肉系のお店ですが、1000円ごとに1枚配布しています。
丁度5%の消費税分をお客様に還元しているようです。

<使用制限を設ける>
◆ランチには、1枚だけ使えます。

各店舗ともランチはその地域に合わせた金額設定されているはずです。
利益が少ないランチには、何枚も使われると赤字になります。
使用制限を設けて、夜使える券にしましょう!

◆夜には、20枚まで使えます。
20枚×50円=1000円分使えます。

お客様が今までお食事券を20枚ためるのに使ったお金は?
20枚×1000円=20000円以上となります。

お客様が使った金額20000円:お客様に還元する金額1000円ということになります。
お客様が使った金額と還元する比率20:1になります。
お客の私としては、「結構お客に還元しているお店だな〜」という印象を受けます。
使うお客としては、20枚使った場合1000円だけど、お店としは、1000円の原価分が還元したことになるかと。

このお店は、有効期限を2年に設定しています。
利用する側としてはためやすいし、しばらく行かないお店でも期限が長いので捨てないです。

<他のお店は?>
他のお肉系のお店で、ポイントカード・スタンプカードで1000円で1ポイント、60マスで2000円還元というのを使ったことがあります。

お客様が使った金額は?
1000円×60マス=60000円以上
お客様が使った金額60000円:お客様に還元する金額2000円ということになります。
お客様が使った金額と還元する比率30:1になります。

私がいつもこのお店に行くと使う金額は、2人で8000円前後となります。
だいたい8回お店に通えば、60マスたまります。
お客の私としては、「なかなかたまらんね〜ポイント!」
私はお酒は飲まないので、その分他の方よりも安く上がっています。

お店としては、2人で10000円、客単価5000円位の設定で作っているのかと思います。
2人で6回お店に通えば、60マスたまります。

今ね〜、たまりにくいポイントカード・スタンプ券は、使われないことが多いかと思うんです。
洋服店・飲食店でたくさんもらいますから、よく行くお店や洋服店はもち歩き、あんまり行かないお店は家に置いていきます。いざ、使う時に全部もっていると、探しにくく、面倒なので、人によっては、「この券使わん!?かも」もしくは「マスが多くて、たまんない!」から持ち歩く中に入れないのです。

家に置かれてしまった、ポイントカードやスタンプ券は忘れられてしまいます。
ポイントカードはマスをうめないと使えません。
だけど、金券は、50円でもすぐに使えるところが利用しやすいのです。
そう、数多い券の中で【持ち歩く券】の一つになります。

金券デザイン お食事券《ステーキ》

お金を使うのは、楽しいのです。
金券も20枚たまれば、「よくためたな〜」という貯金みたいな微妙な感覚があり、たまるとうれしいものです。お金と同じく、数を数えます。そしてお金と同様なので使うのが楽しいんです。


JUGEMテーマ:金券作成


  • 2013.12.20 Friday
  • 02:57

Comment
Send Comment








   
この記事のトラックバックURL
Trackback