券作成・価格表

夢工房
金券印刷(千円札サイズ同)
金券価格表(大)金券印刷
金券作成(小)105×55ミリ
金券価格表(小)金券印刷
名刺サイズ割引券作成〜印刷 割引券価格表(カラー)割引券印刷 割引券価格表(黒)割引券印刷 スタンプ券作成
・名刺サイズ/カードサイズ
スタンプ券価格表(S) ・2ツ折り横型/縦型 スタンプ券価格表(W)

夢工房 ご利用方法

夢工房のご案内

夢工房 HOME お問合せ先 puraibashi- 特定取引法の表記

夢工房の営業日月〜土 9〜21時

Profile

Categories

Calender

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>

Archives

w closet×JUGEM

活用例

不運が続いた時は?

お店や,会社等で経営されていると、人とのかかわりがたくさんあります。
小さい事だけど、いやな事が起きたりすることが最近多い、人に絡まれたり!?なんて不運なことが続いて起こる時があります。

そんな時は、運気が下がっている時なのかもしれません。
いやな事が立て続けに起こると気持ちもメゲてきて、元気もなくなってきます。
自然に笑顔もなくなってきます。

こんな時は、自分自身で、運気を上げましょう!
【運は自分でつかむもの!】

掃除をして、塩で清めましょう!
そう、悪を塩で追い払います。

・・・特に宗教を信仰しているわけではありません(^^;)

去年、私生活で不運が続いた事があって、私はあんまり深く悩んだり落ち込むことがないのですが、さすがに不運が続くと、メゲて、久しぶりに気分が落ち込みました。知っているおじさんからは「顔色悪いけど何かあった?」と言われ、「気持ちが顔に出ているんだ!」と気づきました。おじさんには、ごまかしましたが。。。
私は、「悩む分だけ損!そろそろ前に進もうよ!」と気持ちを切り替えました。

兄に相談したら、「盛り塩」するといい!と言われました。
実行したら、なんか「気持ちがすぅ〜としました」軽くなった気がしました。

去年は予知夢も2回ほど経験しました。私ぜんぜん悪い事してないのに去年不運が続いてしまったのは、「自分自身の気が弱っているから?」と、今思えばそんな気がするのです。お清めも、気休めかもしれませんが、「自分自身で、不運を断ち切る!」という気持ちが大事なのです。

さっき、録画した心霊番組を見た後、なんか、肩こりと首こりがひどくなったので、もしかして?霊?
・・・アハハ、そんなバカな・・・と思いつつ下記サイトを見ていました(笑)
心霊スポットなんて遊びでいっちゃだめだよ〜。

「自分で出来る!霊から身を守る方法」

【運は自分でつかむもの!】
商売繁盛はまずは掃除と、自分自身の気を高めること。
そして、PRすることです。

JUGEMテーマ:金券作成


  • 2013.12.22 Sunday
  • 04:08

活用例

飲食店はお食事券がオススメ!

飲食店の販促促進には、金券のお食事券がオススメです。
たまに行くお店が配っている金券は、50円券です。
このお店は、お肉系のお店ですが、1000円ごとに1枚配布しています。
丁度5%の消費税分をお客様に還元しているようです。

<使用制限を設ける>
◆ランチには、1枚だけ使えます。

各店舗ともランチはその地域に合わせた金額設定されているはずです。
利益が少ないランチには、何枚も使われると赤字になります。
使用制限を設けて、夜使える券にしましょう!

◆夜には、20枚まで使えます。
20枚×50円=1000円分使えます。

お客様が今までお食事券を20枚ためるのに使ったお金は?
20枚×1000円=20000円以上となります。

お客様が使った金額20000円:お客様に還元する金額1000円ということになります。
お客様が使った金額と還元する比率20:1になります。
お客の私としては、「結構お客に還元しているお店だな〜」という印象を受けます。
使うお客としては、20枚使った場合1000円だけど、お店としは、1000円の原価分が還元したことになるかと。

このお店は、有効期限を2年に設定しています。
利用する側としてはためやすいし、しばらく行かないお店でも期限が長いので捨てないです。

<他のお店は?>
他のお肉系のお店で、ポイントカード・スタンプカードで1000円で1ポイント、60マスで2000円還元というのを使ったことがあります。

お客様が使った金額は?
1000円×60マス=60000円以上
お客様が使った金額60000円:お客様に還元する金額2000円ということになります。
お客様が使った金額と還元する比率30:1になります。

私がいつもこのお店に行くと使う金額は、2人で8000円前後となります。
だいたい8回お店に通えば、60マスたまります。
お客の私としては、「なかなかたまらんね〜ポイント!」
私はお酒は飲まないので、その分他の方よりも安く上がっています。

お店としては、2人で10000円、客単価5000円位の設定で作っているのかと思います。
2人で6回お店に通えば、60マスたまります。

今ね〜、たまりにくいポイントカード・スタンプ券は、使われないことが多いかと思うんです。
洋服店・飲食店でたくさんもらいますから、よく行くお店や洋服店はもち歩き、あんまり行かないお店は家に置いていきます。いざ、使う時に全部もっていると、探しにくく、面倒なので、人によっては、「この券使わん!?かも」もしくは「マスが多くて、たまんない!」から持ち歩く中に入れないのです。

家に置かれてしまった、ポイントカードやスタンプ券は忘れられてしまいます。
ポイントカードはマスをうめないと使えません。
だけど、金券は、50円でもすぐに使えるところが利用しやすいのです。
そう、数多い券の中で【持ち歩く券】の一つになります。

金券デザイン お食事券《ステーキ》

お金を使うのは、楽しいのです。
金券も20枚たまれば、「よくためたな〜」という貯金みたいな微妙な感覚があり、たまるとうれしいものです。お金と同じく、数を数えます。そしてお金と同様なので使うのが楽しいんです。


JUGEMテーマ:金券作成


  • 2013.12.20 Friday
  • 02:57

活用例

一度行ったお店が見つからん!?

実は、以前に土用の丑の日に、うなぎ店へ行きました。
インターネットで、検索してメモ書きして適当にお店を探して行ったのですが、行ったお店が注文してから待つこと40分(・・)これは失敗したか?と思いました。こんなに待つとは思っていませんでした。
メニューには、「うなぎは蒸してから焼きます」と書いてあったので、これは期待できるかも!?と思ってもいました。ようやく、うな重がやってきました。食べてみたら、「おいしい〜」待った甲斐がありました。今まで食べた中で、一番おいしいうなぎ店でした。「私は正直言ってそんなにうなぎがおいしいなんて思ったことがなく、うなぎっておいしいものなのね」と思いました。うなぎでビルを建てたお店とか、有名店等はたまに行ったことはありますが、そんなに大差ない!なんて思ってましたから。

「もう一度あのうなぎが食べたい!」

・・・が、しかし、行く時は、インターネットで適当に近場を検索して、メモに書いて、それを目安に行ったのですが、数か月して検索しても出て来ないし、メモも捨ててしまいました。お店の名前も当然覚えていません(^^;)
もう一度あのうなぎ店のうなぎが食べたいです〜。2人で行ったのに、2人ともお店の名前を憶えてないんです。「アホな私たち!」(^^;)

だいだいの場所はわかっていますが、マイナーな場所なので車でぐるぐる探しても結局見つからず他のお店に行くことにしました。

お店に、ショップカードがあったら、いつももらって来るのですが、置いてないお店でした。
初顔のお客様には、ショップカードや金券や割引券でも渡してお店をちゃんと覚えてもらいましょう!(笑)

・・・アホですみません。
こんな客もいるもんです(^^;)

金券 食事券 うなぎ

JUGEMテーマ:金券作成


  • 2013.12.18 Wednesday
  • 02:08

活用例

スーパーでも割引券!

近隣2キロ圏内に6店舗のスーパー

この辺りは、買い物には不自由しないスーパーが6店舗に、業務用スーパーが2店舗あります。薬局も6店舗はありますね。しかも2キロ圏内に!どうしてこんな近くにボンボンお店を構えるのか不思議なくらいです。住宅街であるので、人は多いのも確かですが!?

買い物は特売日で!

こんなに近所にスーパーがあると、特売日を狙って消費者は動きます。
主婦の目はシッカリ、光っています(笑)
おかげで買い物は、「今日はどこのスーパーにしようかな〜」と悩みます。
面倒な時や、時間がない時等は一番近いスーパーに行きますが、そうでない時は、安いスーパーへと足が向きます。

「●●円均一」は、買い物に行く動機になり、「特売日」は更に行く動機を高めます。

平成●年●月●日限定の割引券

お客様獲得合戦と言ってもいいかと思いますが、近所のスーパーは値下げを行い、更に割引券をもらいました。
スーパーでも割引券を配っています。不景気も影響しているのかとは思いますが、お客様獲得に必死さを伺えます。

私がもらった割引券は、

「平成●年●月●日限定で、お1人様1品に限り、1割引」(●●を除く)にするという券でした。

買い物するときに、「これ!」と指定すると1割引になります。

毎日特売日をやるわけにはいきませんから、特売日以外の日を指定しての割引券です。
25日過ぎの月末の日を指定していました。給料日後が効果的なのでしょうか?

消費者からすれば

お金の厳しい、給料日前だと助かります。
買い物するときはサイフの中身との相談となりますが、食料品・日用品は必ず買わないといけないものですので、買い物量にそれほど差がでないような気もしますが、消費者の立場にたってみるとありがたみがあるのは給料日前ではないでしょうか?


JUGEMテーマ:割引券作成〜印刷
  • 2009.08.29 Saturday
  • 06:01

活用例

チェーン店の居酒屋で!

会社の送別会


以前勤めていた会社の送別会で、有名な居酒屋へ行きました。
私は、その時おなかの調子が悪かったので、「ホット烏龍茶」をお願いしました。
みんなに、お酒が配られたところで、「かんぱ〜い!」の音頭で送別会がはじまりました。

「かんぱ〜い!」で、「ホット烏龍茶」をゴックン!〜〜〜〜(??)うん???…なんか変?
口に含んだ瞬間、「醤油?」・・・口に含んだまま、隣にいた同僚に助けを求めました(^^;)
「ホット烏龍茶」を指したら、隣にいた同僚がにおいをかいで、「そばつゆ?」
私は口に含んだままどうしたらいいものか?・・・その場ではくわけにはいかず・・・
すぐにトイレに駆け込みました(苦笑)

「ホット烏龍茶」はそう、「ホットそばつゆ」でした(笑)
御蔭でおおうけでしたが、幹事が定員を呼んで怒ってくれました。

同僚は笑いながら「変なもんたのむからだよ〜」と言っていました。
居酒屋で「ホット烏龍茶」をたのむなんて、私くらいかしら???

店長が謝りに!


私は、怒りというよりも「びっくりしたなぁ〜もう〜」ってな感じでしたのが、周りの同僚が怒ってくれたので、すぐに、本物の「ホット烏龍茶」もって来てくれました。それと、店長が自ら謝りに来てくれました。「もういいよ!」っという位に何度も何度も謝罪をしてくれました。

お詫び券


会計の時にも「申し訳ございませんでした」と言って「お詫び券」をいただきました。

大手チェーン店の居酒屋での、私の実体験です。
いろんな体験をしていますが(苦笑)。

お店を出て


なかなかこういう風に対応できるお店って少ないように思います。
きちんとした対応ができているなぁ〜と感心しました。
定員の謝罪は当たり前ですが、店長からの謝罪は有効的だと思いました。

「部下のミスは上司の責任」

と言われたわけではありませんが、そんなお店の姿勢を感じました。
その後も、この居酒屋はよく行っています。

「ホット烏龍茶」はたのみませんけど・・・(笑)


JUGEMテーマ:割引券作成〜印刷


  • 2009.08.24 Monday
  • 04:50

活用例

レストランでの出来事

お店に食べに行ったら


チェーン店が数店ある有名なお店へ夜食事に行きました。
肉料理とライスで注文し、出来てきたので食べてみたら、「ご飯がガチガチ!米の一歩手前の状態でした!」…私、が本当に経験したことです(^^;)
私もよっぽどひどくない限り我慢して食べるのですが、今回はちょっと〜〜食べれそうにない〜(××)。
男性定員に言って変えてもらいました。変えてもらったライスは普通で大丈夫でした〜(ホッ!)

ここのお店は、ライスを変えるときに一言「すみませんでした」とその一言で終わりました。
もちろん、謝っていただければそれでいいのですけど、会計の時も何事もなかったように普通に会計を済まし帰途につきました。(その時の来店者数は3組程度でした)

お店を出たとたん、「このお店にはもう来ることはないなぁ〜」と思ってしまいました。

二度と行かないお店になりました


人の口に入る食事は、やっぱり大事だと思うのです。
でも、長年営んでいるうちには、人間ですから「うっかりミス」等は発生してしまいます。
バイト・パートさんを雇って教育しているつもりでも、接客のトラブル解決にはよっぽど機転の利く人じゃないと、お客様が不快な思いのまま帰ってしまいます。

会計の時にも、一言「すみませんでした」二度、三度と謝ってようやく誠意が伝わるものです。
お客様にとってはその気持ちがとても大切なことです。

また来たいと思うお店に!


お客様に不快な思いをさせてしまったら、そのお客様へ絶対、損をさせてはいけません。
まずは、誠意をもって謝って、できれば1品サービスする位の気持ちは大切です。
会計の時にも再び謝って、少し割り引くか、次回来店時に使える「サービス券」又は「お詫び券」等をお渡しする。

これで、不快な思いをされたお客様も、かえって得した気持ちになってくれるはずです。
お客様が「ラッキー!」くらいに思って帰っていただければ、トラブル解決は成功と言えます。

お詫び券・サービス券はいつでも使えるように!


会計のところへ、いつでも使えるように、「お詫び券」・「サービス券」は用意しておくと突然のトラブルにも使え、お店の気持ちとして、お客様へお渡しすると、お店の姿勢がお客様にも伝わっていきます。たった1枚の券でも有効的で、きちんとしたお店だという印象が深まります。


JUGEMテーマ:割引券作成〜印刷


  • 2009.08.21 Friday
  • 23:55

1